Mノート



これからの旅行とは? 需要分散化・ワーケーション・デジタル化・店舗改革
更新日: 2020-08-12 09:34:20
旅行×デジタルのオンラインイベントのモークからお知らせ。キャンプ場をサテライトオフィスにする【Office to go】ブランドのトライアルを開始、ワンコインでワーケーションキャンプが可能
黒牛
ワーケーション デジタル +
Withコロナで高まる「気軽に非日常体験」の需要に対応
「リラックスしたい」
 
「気軽に旅へ」
 
「手軽に非日常を味わいたい」
 
「ステイケーション」
 
6道府県で11のキャンプ場施設を運営するRecampは、キャンプ場内に「働く」環境を整備する。
「Office to go(オフィス トゥー ゴー)パーソナル」
出典:https://www.recamp.co.jp/officetogo
 
新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークの必要性が高まるなか、キャンプ場内でテレワークやワーケーションをできるようにする。
量から質の旅行へ、分散化とデジタルも大きなテーマ
旅行のグローバリゼーションは変わらない

今回のパンデミックを機に、国際交流はさらに重要になってくる

量の旅行から質の旅行に変換するいい機会になる

パッケージを売るのが難しくなっているのは確かだが、すべてがオンラインやバーチャルになることはない。今は店舗の価値を見直すいい機会だろう
出典:日本旅行社長の堀坂明弘氏
 
日本のライフスタイルも変わり、ワーケーションなどの新しい需要が生まれてくる

宿泊施設を拠点として、長期滞在するハブ&スポーク型の旅行が好まれるのではないか
出典:KNT-HDホールディングス社長の米田昭正氏
 
自分たちも変わらなければならない
リアルとデジタルとのハイブリットで顧客、そしてパートナーとのエンゲージメントを強めてく

これまで旅行会社はスケールをベースとしてビジネスを展開してきたが、今後は分散化するニーズをどのようにマネージメントするかが重要になってくる

デジタル化で、行きたいときに自由に行けることが可能になる
出典:JTB社長の山北栄二郎氏
 

コメント