Mノート



自由な働き方で稼ぐ!注目の複業について解説
更新日: 2020-10-21 02:53:16
モークの使い方から稼ぎ方まで詳しくまとめてみました!
黒牛
モーク 副業 稼ぎ方 多様化 秘訣 MORK +
注目の複業とは?
季節に合わせた写真素材を販売して実績を積もう
 
「スキル」は、知識や技術・インタンジブルアセット
仕事作りに便利! 副業クリエイターが利用すべきサービス
 
少し異なったかたちでみられるCtoCとして、ハンドメイドのものを売ることができるスキルが挙げられます。一般の方がつくったものなので、安価でかわいいものが買えると女性を中心に人気が広がっています。ハンドメイド商品の売買や個人の経験・技能を提供するスキルシェアなどの分野においては、今後も取引の拡大が期待されます。
副業・テレワークの進化 仕事しながら「月+8万円」を稼ぐ?
コロナ以降に始めるべき副業のポイントは2つ

1つはほとんど自宅で完結すること。

2つ目は初期投資を抑えて始められること。

このキーワードで考えれば、自分の始めるべき副業は決まる
 
コロナ禍でも稼げる副業は、どれも自宅にいながらできるものばかり。
新型コロナ禍で新しい働き方で脚光
在宅勤務が一般的に行われるようになった
 
zoomやGoogleハングアウト、Microsoft Teamsなどのビデオ会議ツールを利用した在宅勤務がすでに一般的 外出自粛の影響でオンライン化を急ぐ世間の需要にマッチ
コロナで多様化する働き方、副業で稼げる人と稼げない人
最大の差は続けられるかどうか。
 
少額でも副業収入がほしいという方なら、Webライターがおすすめです。パソコン1つで始められ、スキルが評価されれば単価が上がり月収20万円以上も!まずは3カ月続ければ自然と副業収入は上がっていきます
在宅モークの「マルチハビテーション」は多拠点生活を意味する
多様化する稼ぎ方、達人が明かす秘訣シリーズ
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/
 
島津 翔氏
新手の「せどり」が映す「誰でも稼げる時代」の幕開け
新しいサービスやテクノロジー、カルチャーが生まれると、それを使った新たな稼ぎ方も生まれます。例えばCtoC(個人間取引)サービスの登場によって、これまで価値がないと思われていたスキルやモノに値段が付くようになりました。モノの価値をすぐに見える化するサービスによって、値札と実際の取引価格の差分で稼ぐ転売が誰でもできるようになりました。現代は、稼ぎ方が多様化した時代。それぞれの達人に取材し、どんなモノに価値が付くのか、どうやって稼いでいるのかを明らかにしていきます。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/011700001/
 
仕入れた中古品をモークで売るという、とてもシンプルな副業です。すべて自宅でできるのでコロナ禍でも問題なし。副業でお金をガッツリ稼ぐためというわけではなく気軽に始めたので、受注しだしたときには驚きました
「せどり」とは?あなたの「経験」は金になる!
せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。 また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。
出典:WIKI
 
同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、手数料を得ること。または、それを生業にする人
せどりが“民主化”された
可能性も秘めているように思える。それは、新しいテクノロジーやサービス、カルチャーという「場」で、新たな稼ぎ方が生まれるという観点だ。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/011700001/
 
なぜこんなモノに値が付くの……?需要と供給を嗅ぎ分ける力がカギ
フリーマーケットサービスの登場で、不用品がすぐに売れるようになった。注意深く見ていくと、「なぜこんなモノに値が付くの……?」という例が山ほどあることも分かってきた。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/011700001/
 
情報をうまく取れなくて困る人向けに手を差し伸べるようなアイデアなら副業として十分狙えると思います。
自分の経験や技術を売る「スキルシェア」
自分の経験や技術を売る「スキルシェア」プラットフォームの登場で、それまでは所属する会社の中で閉じていた様々なスキルに「売値」が付くようになった。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/011700001/
 
スキルシェアサービス利用者における副業に関する意識・実態調査
お金を稼ぐという「物質的な満足」と、人の役に立ちたいという「精神的な満足」が新たな時代の価値観
 
スキルシェアサービスにおける副業は、自分のスキル・経験・知識といった「仕事の質」が対価。これからの副業時代は「量」ではなく「質」がポイント。「仕事の質」に対価を得ることが出来れば、場所や時間に縛られることなく、自分のペースで副業をすることが可能だ。持続可能な副業のあり方を考えるとき、スキルシェアサービスがその一助になる可能性が高いと考えられる。
スキルや不用品を売買するだけではない。
コンテンツプラットフォームの登場で、誰でもクリエーターとして稼げるようになった。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/011700001/
 
自分の専門分野だったので、友人からの依頼を引き受けた。報酬は、1時間で4万5000円。「引退していたとしても、自分の『知見』に価値がつくのか。これは面白い」
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/013100003/
 
眠っていた場所に価値がうまれる
「ネット上の口コミ」というカルチャーが生まれたことで、大量にレビューを投稿して小銭を稼ぐという商売も生まれている。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/011700001/
 
新しい経済圏が次々に生まれている
それまで「価値がない、値が付かない」と思われていたものが他の誰かにとっては「宝物」に変わるという点だ。普段は目に留まらない場所で、新しい経済圏が次々に生まれている。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/011700001/
 
企業が手を出せない隙間で稼ぐチャンスが山ほどある
ギグエコノミーは、ネット上で単発の仕事を受注する働き方や、そうした働き方によって成立する経済圏を意味している。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/011700001/?P=2&mds
 
「稀有(けう)な人材」として人気
新しい稼ぎ方に出会い、ばらつきはあるものの、月に複数回の依頼を引き受ける。高久氏のコンサルティングは好評で、リピーターも現れ始めた。徐々に単価が上がり、今では1回10万円を超える依頼もあるという。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/013100003/
 
ギグエコノミーも多様化する稼ぎ方の一つ
副業が一般化し、大手企業でも解禁する例が相次ぐ中で、単発の仕事が連続し、中には本業よりも副業で稼ぐビジネスパーソンも現れ始めている。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/011700001/?P=2&mds
 
企業が手を出せない隙間で稼ぐチャンスが山ほどある
「ニーズがあると分かっていても、企業がビジネス化しようとすると一定の売上高の規模が必要で、手を出せない領域があり、そこがすっぽりと抜けている。個人で稼ぐなら、月に数十万から数百万円を売上られれば十分なので、企業が手を出せない隙間で稼ぐチャンスが山ほどある」
出典:エンファクトリーの清水正樹取締役
 
組織頼みから個の時代へ
様々な講座が並び、スキルを提供する「先生」と、その講座を受けたい「生徒」とをマッチングする。講座は対面式が原則だ。
出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/020700004/
 
サービスが対面式

コメント